青色光遮光眼鏡が睡眠導入をサポート

HOME>睡眠<青色光遮光眼鏡が睡眠導入をサポート

すべての色の光は、曝露の強さと期間によって網膜損傷を引き起こす可能性がありますが、パソコンやスマートホンから出る青色の光は(LEDベースの光)、柔らかい赤色や黄色より短波長であり、多くのエネルギーを目に与えます。 

この青い光は、メラトニンの産生を抑制して、概日リズムを狂わす可能性があり、結果として眠りにつくことが出来にくくなります。

 ですから、多くの専門家は、就寝前の数時間前から、電子デバイスの電源を切ることを推奨しています。 

ヒューストン大学検眼学会の研究では、デジタルデバイスから放出される青色光が、睡眠障害の高い罹患率に寄与し得ることが発表されました。 

しかし、2週間の期間、就寝時間の3時間前に短波長遮断眼鏡かけてもらった実験では、夕方のメラトニンレベルが58%増加し、より良い睡眠、早く眠りに落ちる、長い睡眠が出来たと報告されています。

参照サイト:Healeh.com 

短い睡眠は体重増加にもつながりますから、ブルーライトブロッキングコンピュータメガネを夕方からかけるようにして、前の記事「不眠解消(快眠)の為の20項目 No.1 No.2 No.3」を参考に、快適な睡眠をとれるようにしましょう。
スポンサーリンク 


スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント